非正規ドットコム

このサイトは、非正規社員(非正規雇用、非正規労働)として働くみなさまのさまざまな疑問にお答えするために、(一財)兵庫勤労福祉センターが開設したものです。

兵庫県最低賃金時間額871円に

兵庫県最低賃金時間額871円に

2018年8月6日、兵庫地方最低賃金審議会(会長 原拓志) 兵庫県最低賃金時間額の27円引上げを答申-時間額871円に 平成30 年10 月1日から発効する予定 兵庫労働局公表(外部リンク)

2018 年8月6日、兵庫地方最低賃金審議会は、「兵庫県最低賃金の改正決定」について、慎重に調査審議を重ねた結果、県内の全ての事業場で働く労働者に適用される兵庫県最低賃金の改正について、下表のとおり金額を引き上げる旨、兵庫労働局長(畑中啓良)に答申を行った。

答申のポイント

1 審議会の答申
審議会は、平成30 年7月4日に、兵庫労働局長から平成30 年度兵庫県最低賃金の改正諮問を受け、専門部会を設置して、慎重に調査審議を重ねた結果、8月6日に兵庫労働局長に対して、兵庫県最低賃金の金額を、時間額871円(引上げ額27円)に改正することを答申した。

審議会においては、「平成30 年度地域別最低賃金額改定の目安について」(平成30 年7 月26 日中央最低賃金審議会答申、兵庫県はBランクであり引上げ額の目安は26円)を参考にしつつ、地域における労働者の賃金水準等を考慮し、諸般の事情を総合的に勘案して慎重に審議され、答申をまとめられたものである。

2 兵庫県最低賃金の決定までの今後の予定
(1) 兵庫労働局長は、答申に対する異議の申出を平成30 年8月21 日まで受け付ける。
(2) 兵庫労働局長は、答申及び異議申出があった場合の審議会の審議結果など審議会の意見を聴いて、兵庫県最低賃金の改正を決定し、官報に公示する予定である。
(3) 改正された兵庫県最低賃金は、平成30 年10 月1日から発効する予定である。

 

なお、今回の答申に当たっては、以上5点について強い要望が付せられた。

① 最低賃金引上げの影響を大きく受ける中小企業・小規模事業者の生産性向上等に対する支援策について、手続きの簡素化等利用しやすくするための改善策を講じること、

② 現行の厚生年金保険・健康保険制度はパートタイム労働者等が就業調整を行う要因の一つとなっていることから、制度の見直しを行い働きたい人が働きやすい環境整備を実現すること、

③ 中央最低賃金審議会について、例年、全会一致に至っていないことは、地方においての審議に大きく影響を及ぼすところであるので、今後、全会一致に至るための積極的な取り組みを行うこと、

④ 公益見解により示される目安額については、より具体的な根拠を示すこと、

⑤ 中央最低賃金審議会の目安について、全国における地方最低賃金の格差がランク分けにより年々広がっていく実態にあり、それが地方からの人口流出の一因となっていることから、その格差を是正すること、

 

詳しくは、兵庫労働局労働基準部賃金室(電話 078-367-9154)又は、最寄りの労働基準監督署へお問い合わせ下さい。


答申文(外部リンク:PDF238KB)

平成30年度地域別最低賃金額答申状況(外部リンク:PDF:129KB)

非正規ドットコム

非正規ドットコムは、連合兵庫が、2008年「非正規労働センター」を発足させ、情報発信事業を中心に、独自のホームページ「非正規ドットコム」を立ち上げました。一般財団兵庫勤労福祉センターがその運営管理を行っております。 非正規雇用で働く人々に関連する法律解説のページなどを設けてきましたが、これからはさらに、SNSの活用等を図り、情報提供の充実を図っていきます。

コメントは受け付けていません。